経済産業省キャッシュレス・消費者還元対象店です。対象期間2019年10月~2020年6月末

Googleストリートビュー

(屋内版)

360度自由に見渡せる

話題のビジネスツール

 


  

 

当社はGoogle認定フォトグラファーのバッジを取得し撮影のプロとして認められています。

安心して360度パノラマ写真の撮影をお任せください。

 

 


高画質一眼レフで360°パノラマ撮影、約30,000円〜。最高の撮影方法と料金をご提案します。

Googleストリートビュー(屋内版)

店舗・施設の中を全方位パノラマ画像で疑似体験できる

Googleの地図検索サービス「Google マップ」には、Googleストリートビューと呼ばれる世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で閲覧できる機能があります。 

 

Googleストリートビュー(屋内版)とは、建物内をパノラマ写真で閲覧できる機能です。

 

閲覧者は、実際に店舗を訪れたかの様に、建物・お店の中を見て回ることができるので、店内の雰囲気や品揃えなどを知ることやご来店までのハードルを下げることができます。

 

Googleの検索に連動するから集客効果絶大

持ち運べるパソコンやスマホ・タブレットPCの普及により、消費者は、インターネットで検索することが当たり前となりました。そのときに使用される検索エンジンの代表格が「Google」です。

こんな経験はありませんか?

Googleでお店を探すとき、「会社名」や「カフェ」といったジャンルで検索すると、検索結果にGoogleマイビジネス(店舗情報にGoogleマップや写真)が掲載されているを見たことがあると思います。検索結果の上部に表示されるので消費者の目に付きやすく、他店との差別化も行なえます。

Googleマップの便利な機能

 

ストリートビュー(屋内版)でお店がさらに見つけやすくなりました

熊本県南阿蘇にある英国雑貨を販売されるサンクチュアリ様にストリートビュー(屋内版)を導入いただきました。大手デパートの英国展イベントで出店されているのでご存知の方も多いかもしれません。

普段見たことの無いオシャレなインテリアや魅力的なアクセサリー等、お勧めの素敵なお店です。

まずはスマートフォンで、是非「南阿蘇 サンクチュアリ」様で検索してみてください。

 

このお店の周辺は、世界的な観光地「阿蘇」で県外や海外からのお客様も多い場所。旅行者の多くは、Googleマップで確認しながらご来店されます。

 

実は旅行者に必須のツールのGoogleマップがより便利になったのはご存知ですか?

サンクチュアリ様で検索すると小窓が現れ、それをタップすると道路から店内までストリートビュー(屋内版)でご案内ですることができます。初めて訪問するお店であれば入口が分かりやすくなり矢印で店内までご案内できるので安心です。

お客様への気配り、おもてなしのサービスと言えます。

 

観光地で旅行者の行動を見るとスマートフォンを見ながら散策している光景が当たり前になりました。

その理由として、今歩いている周辺の情報をGoogleマップで得ているケースが多いようです。

 

例えば検索ワードをクリア(×)した状マップ上にあるお店の名前をタップしても、同じように小窓が表示されます。

お店の目の前にいらっしゃるお客様へも情報発信でき、来店数の増加にも繋がります。

 

インバウンドにも強いツール

海外からの旅行者の半数以上は旅行前に予定の観光地をつぶさにインターネットで調べているといったデータもあります。

日本のお店のGoogle検索ページの情報は、Googleによりすでに自動翻訳されていることはご存知でしたか?

一例ですが、逆にGoogleマップでアメリカ ニューヨーク レストランと入力し検索すると現地のお店の営業時間、クチコミ、詳細な情報が日本語に自動翻訳されています。また多くのお店では、すでにストリートビュー(屋内版)が導入済でした。ニューヨークでは、Googleマップにストリートビュー(屋内版)を導入することがビジネス上のメリットとして共有されている証拠ではないでしょうか?

 

自国の言語で日本のお店を知ることができる貴重な情報源のこのページに、Googleストリートビュー(屋内版)が追加されれば、お店の雰囲気までイメージでき、旅行者には親切で心強いツールになります。

益々増加が期待されるインバウンド需要を確実に来店へと繋げる重要な仕組みと言えるでしょう。

 

詳しくは、Google公式ページ内 For Japanをご覧ください。

撮影から掲載までワンストップ

Web上で建物内・室内を360°パノラマで閲覧することのできるGoogleストリートビュー(屋内版)の撮影はもちろん、撮影したデータをGoogleに掲載するまでのすべてをサポートいたします。

1.撮影

Googleから認定されたスタッフがお客様の会社、店舗の内観を美しく撮影。

2.編集・加工

インターネット上で360°パノラマで閲覧できるように編集。

3.Googleマイビジネスに掲載

Googleに掲載。マイビジネスへの登録から掲載までサポート。


実際にストリートビューを体験

東宝ホーム株式会社 熊本営業所様

お客様が迷わずスムーズにご来店いただけるよう商談スペースにストリートビュー(屋内版)を導入していただきました。お客様への細やかな気配りを感じます。

 

 

株式会社 ニック様

熊本市中央区水前寺にある老舗のカーテン・インテリアのお店です。

1階は主にカーテン、2階にはソファーやベッド等も展示されており、新築の広い店内は、様々なブランドのカーテンを手に取ってご覧いただけるようになっています。


Googleストリートビュー(屋内版)を掲載するメリット


Googleストリートビュー

公式ページより

 

  • 写真に加えGoogleストリートビューを掲載することで、お客様の関心が2倍に向上します。
  • 評判の高いビジネスとして表示される可能性が94%高くなります。
  • リスティングを利用していないビジネスより表示される可能性が高くなります。
  • ユーザーが商品やサービスの購入を検討しようとする可能性が29%高くなります。

 

ストリートビュー× Googleマイビジネス

Googleの検索結果上部に地図と一緒に表示される企業・店舗・観光地などの情報は、Googleマイビジネスというツールで編集されたものが表示されています。このページが表示された時の第一印象がとても重要で、お客様は御社をより詳しく知ったり、ホームページへの閲覧に繋がるきっかけになったりします。

 Googleマイビジネスに登録して、さまざまな情報を掲載することで、検索結果を改善し、集客効果を高めていきましょう。

弊社では、登録や掲載作業の代行からサポートまで、さまざまなご要望にお応えします。

Googleマイビジネス 活用事例


VRで見るストリートビュー

VRゴーグルでよりリアルにバーチャルツアーをする。

(Googleストリートビュー(屋内版)を撮影した施設が前提です)

 

今話題のVRゴーグルを使えば、バーチャルリアリティーで世界中の観光地へもお店へも行けるようになりました。

動画では分かりづらいのですが、VRゴーグル内は、360°の映像で、前後、上下、左右すべてがその場に居るように表示されます。丸く白いマーカーは撮影ポイントになり、そこにポインターをあてることで移動ができます。

 

例えば、行きたい観光地や施設の名前を入力(もしくは音声入力)し検索するとメインになる観光地や施設の他にその周辺にあるお店等が表示される場合があります。

もちろん、VRゴーグル内の表示は、その場所に居るように表示されるのでお店をアピールしやすく、バーチャル体験は、興味や記憶に繋がるでしょう。

 

VRの世界でもお店をアピールするチャンスは始まっており、知っていただく方法も大きく変わってきそうです。

 


ストリートビューを見る時のワンポイントアドバイス

ストリートビューをPCで見ていると、突然別の場所に移動してしまった経験はありませんか? 

これを防ぐ簡単な方法があります。

キーボードの十字キーを使うことで、前後左右への移動が可能です。これで施設内のワープを防ぐことができます。

また遠くへ移動したい時には、マウスを使って移動したい位置まで矢印を合わせてクリックすれば、いっきに移動可能です。

キーボードの十字キー操作と、マウスのクリック操作の併用をぜひ一度試してみて下さい。

よくあるご質問

事前準備は必要ですか?

撮影後に写したくないもの(私物・掲示物)等が写ってしまい再撮影をご依頼される場合は、別途料金がかかってしまいます。そういうことを防ぐためにもそれに伴うお片づけ等を事前にお願いいたしております。

撮影日はこちらで指定できますか?

お客様のご要望ご都合に可能な限り対応しております。平日を基本撮影としておりますがご遠慮なくご相談ください。

撮影時間はどのくらいかかりますか?

写真撮影は約1〜3時間かかりますが、お店の規模によっても異なります。詳細についてはお問い合わせください。