撮影料金について

撮影者が現地へお伺いし、オーナー様のご希望をお聞きしながら撮影箇所数を選定し、料金をご提案いたします。

 現地でのお打合せができてこそ、お客様にご満足いただける、最高の撮影方法が、初めてご提案できます。

 

*360°簡易型カメラ(中画質)での撮影をご希望の場合は、一眼レフ(高画質)撮影料金の2/3で承ります。

料金目安 導入加速キャンペーン価格!!  (一眼レフ高画質撮影)

撮影箇所
入口から3箇所まで 30,000円(税別)
以降1箇所ごと 3,000円(税別)

撮影箇所の数の目安

3〜10箇所ほど

シンプルにアピール。

伝えたいポイントに的を絞り掲載する場合。

15箇所ほど

オフィス、アパレル、飲食店、美容室、歯科など小規模店舗など。

20〜30箇所ほど

レストラン、会議室、モデルハウスなど。

 

40箇所以上

学校、宿泊施設、レジャー商業施設公的機関など広い面積を掲載する場合。


撮影方法について

ストリートビュー店舗入り口付近の推奨撮影方法は、道路接続部分で1箇所、店舗入口手前1mで最低1箇所、入口内側1mで1箇所の合計3箇所の撮影が基本になります。(赤い丸の部分)

さらにドアを開け前に進むケースがあれば同様に撮影します。


道路側


撮影方法の違い

  高画質の一眼レフカメラ 簡易型全天球カメラ
画質
料金

当社では高画質の一眼レフカメラ撮影と簡易型全天球カメラ撮影の両方に対応しています。

高画質の一眼レフカメラ撮影の特徴

高画質を保ちながら360°パノラマ写真にすることが可能で、社内やお店、ショールームの内観を美しく掲載することを第一にお考えでしたら一眼レフ撮影をぜひお勧めいたします。

PCのモニターやVRゴーグルで見た場合に特に鮮明に表示することが可能です。手作業で丁寧に制作するためお時間をいただいております。

簡易型全天球カメラ撮影の特徴

一眼レフで撮影したものと比較すると、全体に霧がかかった様になったり、上下の高さが実際より押しつぶされて見えることがあります。また、解像度が低いため文字がぼやけて見え暗い部分では発色がざらついた感じに見えます。PCのモニターやVRゴーグルで画質を確かめ判断されたがよいかもしれません。低コストですぐにアップロードができる特徴があります。

作業について

すべての撮影と写真加工、Googleへのアップロードまで、Google認定フォトグラファーが全て対応いたします。